リンパマッサージのメカニズム

体内の水分は、心臓を起点として出て行き、全身を巡って帰ってきます。
心臓のポンプから押し出された動脈を流れる血液は、全身の細胞に栄養や酸素を運びます。
そして、今度は静脈を通って二酸化酸素や各細胞から余分なものを回収し、心臓に戻ってきます。
しかし、静脈で回収できなかった老廃物等は、「リンパ管」を通って心臓に向かいます。
リンパ管は細い管であり、周りの筋肉の動きで押し出される程度。
リンパ管には、動脈や静脈のようにポンプ機能がないので、中の液体もとてもゆっくり流れています。(1秒で0.5cm以下)
運動不足や食生活・ストレス
↓↓↓
流れが滞る、過度な老廃物
↓↓↓
ますます流れが滞る

リンパ管は皮膚組織に多く分布しているので、マッサージによって刺激を与えることがリンパの流れを作り、ポンプ機能を補うのでリンパ循環を促進させることができるのです。

トップへ戻る

Copy right(C)2008
Rinpaで「痩せ体質」
All Right Reserved